親知らず | 阿佐ヶ谷SHIRO歯科

阿佐ヶ谷SHIRO歯科 Asagaya shiro Dental Clinic

専門医療を提供する阿佐ヶ谷の歯医者
東京都杉並区阿佐谷南3丁目35−8 パークハウス阿佐ヶ谷レジデンス 1階

親知らずWisdom

痛みやストレスに配慮した
親知らずの抜歯治療

親知らずとは

親知らず

前歯から数えて8番目(一番奥)の永久歯が親知らずです。智歯(ちし)や第三大臼歯とも呼ばれています。
一般的に17歳~30歳頃に生えてくることが多く、全て生えてくれば4本の親知らずになりますが、現代では退化傾向にあり、1本も生えてこないケースも少なくありません。

知らずは正常に生えていて健康な状態であれば特に問題はありませんが、周囲の歯への影響や将来的なトラブルを考慮し、親知らずを残すリスクの方が高いと判断されるときには抜歯をおすすめする場合があります。

自分の親知らずは大丈夫?と思ったら

当院では東京医科歯科大学で幅広い症状の親知らずの診察を行い、必要に応じて適切な抜歯治療を担当してきた口腔外科認定医が治療を担当いたします。
症状に合わせてCT撮影等を用いた診査・診断を行い、痛みや身体への負担に配慮をしながら的確でスピーディーな治療を提供いたします。

「自分の親知らずは抜いた方がいいのかな?」など、少しでも疑問や不安を感じられた方も遠慮なくご相談ください。なるべく早期に治療をすることで、痛みを感じる期間を短縮でき、普段の生活や食生活におけるストレスを軽減することにもつながります。

保険診療:即日抜歯・複数本の抜歯にも対応可能

当院の親知らずの抜歯治療は保険診療(保険適用内)です。費用は症例により異なりますが、2,000円〜8,000円程となります。

患者様の症状をしっかりと把握し、親知らずの痛みをその日に解決できるよう努めております。治療時においても、痛みに最大限の配慮をした親知らずの抜歯を行なっております。
他院様で「親知らずの抜歯を断られた」という方も、一度当院へご相談ください。

親知らずの抜歯の流れ

  1. 問診

    ご来院いただきましたら最初に問診を行います。お体の状態や服用されているお薬、当日の体調についてなど、その他気になることは何でもお知らせください。
    もし抜歯前に内科や他科に問い合わせが必要な場合は、日を改めて抜歯を行うこととなります。

    問診
  2. 診査・診断

    症状に応じて、CT撮影などの検査を行います。
    親知らずと神経や副鼻腔、周囲の歯との位置関係等を把握し、抜歯の可否や難易度などを的確に判断します。

    CT
  3. 抜歯治療

    可能なかぎり痛みの少ない治療を行うために、最大限の配慮をしながら丁寧に施術を行います。術前に麻酔を十分に効かせてから治療に入りますので、術中に痛みを感じることはほとんどありません。

    治療
  4. 縫合と止血

    歯茎の切開が必要な治療の場合には抜歯後に縫合を行います。
    しばらくガーゼを噛んでいただくことで止血を行い、血が止まったことを確認して抜歯治療は終了となります。

    止血

抜歯をおすすめする親知らずとは?

  1. 斜めに生えている親知らず

    親知らずが斜めに生えて隣の歯を圧迫してしまっているケースです。虫歯や歯周病なりやすいだけでなく、噛み合わせや歯並びにも影響が出る場合もあるので抜歯をおすすめします。

    斜めに生えている親知らず
  2. 水平埋伏の親知らず

    歯茎の中に潜ったまま、横向きに生えてしまうケースです。(水平埋伏智歯)
    隣の歯に負担をかけてしまっている場合や、隣の歯を治療しなければならない場合などには抜歯をおすすめします。

    水平埋伏の親知らず

親知らずを抜歯しなくても
良いケースとは?

真っ直ぐ生えている健康な親知らず

親知らずが真っ直ぐ正常に生えており、噛み合わせにも問題なく、虫歯などもない健康な状態であれば、基本的に抜歯をする必要はありません。

まずはお気軽にご相談ください

当院では、患者様が少しでも痛みや不安を少なく治療を受けていただけるよう十分に配慮しております。親知らずが気になるという方は、お気軽に当院へご相談ください。

Web予約はこちら