根管治療 | 阿佐ヶ谷SHIRO歯科

阿佐ヶ谷SHIRO歯科 Asagaya shiro Dental Clinic

専門医療を提供する阿佐ヶ谷の歯医者
東京都杉並区阿佐谷南3丁目35−8 パークハウス阿佐ヶ谷レジデンス 1階

根管治療Root

根管治療(歯内療法)とは

根管治療

根管治療とは、歯の根(根管)の中にある虫歯に感染した神経や細菌、過去に詰めた古い充填材などを除去し、修復を図る治療法です。

治療の際に根管内に菌が残ってしまうと、歯を支える骨へと感染が広がって根尖性歯周炎となり、歯の根の先が膿んだり腫れや痛みを生じる場合があります。
そのため、根管治療では根管内の感染源をキレイに取り除き、根管内を無菌的な状態にすることが非常に重要です。

根管治療が必要なケースとは

根管治療

虫歯が進行すると次第に激痛を伴うようになりますが、これは細菌や細菌が出す毒素が歯の内部の神経(歯髄)まで到達することで引き起こします。症状がさらに進むと、歯に触れただけで痛んだり、腫れを伴うこととなります。

これらは放置していても自然に治ることはないため、細菌を除去するとともに、新たに細菌が入らないように薬剤を緊密に詰める根管治療を行う必要があります。
神経が死んでしまった歯であっても、根管治療を行うことで歯を抜くことなく長く使えるようになる可能性があります。

安全性と精度の高い根管治療を
ご提供します

歯の内部にある根管は、非常に複雑な形をしています。

形態や本数も個人によって異なるため、根管治療は高い精度が求められる治療と言えます。
当院では、ドクターの高度な技術と先進の医療機器を駆使することで、患者様の状態に合わせてより精度の高い根管治療を行なっております。

歯科用CTを用いた
的確な診査・診断

CT

当院では、事前に歯根や歯槽骨などの状態を詳細に把握するために、高度な歯科用CTを用いることで的確な診査・診断につなげています。

根管治療は非常に緻密な治療が必要となるため、事前の検査で根管内や顎の骨の状況を詳しく分析することが重要です。
従来のレントゲン写真では、平面的な情報しか得られませんが、CTを用いることで立体的な情報を得ることが可能となり、多面的に口腔内の状況を把握することができます。
特に難症例においては、CTデータの活用が治療の成功率の向上に大きく貢献します。

ラバーダム防湿による無菌処置

ラバーダム

精度の高い根管治療を行う上で重要なポイントが、「無菌処置」を徹底することです。ラバーダム防湿は、治療の際に歯にラバーダムというゴムのシートを掛けることで、術野に唾液や医療器具等が入り込むのを防ぐ方法です。

ラバーダムはアメリカでは一般的に使用されている医療器具ですが、日本の歯科医院ではラバーダム防湿を行なっていない医院も多くあり、その点がアメリカと比べて日本の根管治療の成功率が低い原因の1つとされています。

当院では、ラバーダムを用いて無菌処置に努めた根管治療を行うことで、より安全性と精度の高い根管治療を提供しています。

ラバーダム防湿を行う主な目的

  • 治療する歯に唾液がかかるのを防ぐ
    (無菌的処置)
  • 治療時に術野を見えやすくする
  • 治療時に使用する薬品が口内に
    流れないようにする
  • 器具が誤って口内に落ちるのを防ぐ

根管治療の流れ

  1. 感染部位の除去 高倍率の拡大鏡で根管内を拡大し、ファイル(リーマー)という専用の器具を用いて、根管内の感染した部位を細心の注意を払いながら丁寧に除去していきます。
  2. 根管内の洗浄・消毒 シリンジで根管を洗浄し、感染部位が大きい場合は超音波洗浄器を併用し徹底して洗浄を行います。この工程を数回繰り返すことで、細菌のいない状態にします。
  3. 根管充填 根管内に薬剤を充填します。新たな細菌が薬剤の隙間から根管内に侵入しないよう、緊密に詰め物をします。
  4. 土台と被せ物 被せ物の土台となるコア(支台)をたて、被せ物を取りつけて歯の形と機能を補います。

根管治療の予後について

根管内は非常に細く複雑な構造をしているため、確実に治して再発を防ぐには、治療後も数回にわたり通院して検査を行う必要があります。

しかし、根管治療を受けられた患者様の中には「もう痛くないから」といった理由から、治療後の検査やメンテナンスを怠ってしまうケースもあり、結果として再発に至ることも少なくありません。

根管治療は「大切な歯を残すための治療」であり、また根管治療が必要な状態は、抜歯になるかどうかの瀬戸際であるとも言えます。
治療後の検査やメンテナンスを最後まできちんと受けきることで、ご自身の大切な歯を守っていきましょう。

  1. 根管治療の料金体系

    根管治療の各種詳しい料金は下記ボタンをクリック

    メンテナンス