歯周病 | 阿佐ヶ谷SHIRO歯科

阿佐ヶ谷SHIRO歯科 Asagaya shiro Dental Clinic

専門医療を提供する阿佐ヶ谷の歯医者
東京都杉並区阿佐谷南3丁目35−8 パークハウス阿佐ヶ谷レジデンス 1階

歯周病Perio

歯周病(歯槽膿漏)の
治療について

歯周病

こんな症状に覚えはありませんか?

上記のような症状に1つでも当てはまる方は、歯周病(歯槽膿漏)が原因となっている可能性があります。
少しでも気になる症状がありましたら、なるべくお早めに当院へご相談ください。

歯周病(歯槽膿漏)とは?

歯周病は、歯の周りの歯周組織(歯肉・歯槽骨・歯根膜・セメント質)に炎症を引き起こしている病気の総称です。
また、炎症が歯肉のみの状態が「歯肉炎」、炎症が歯槽骨や歯根膜にまで及んでいる状態を「歯周炎(歯槽膿漏)」と呼びます。

日本人の約80%が歯周病に?

30歳以上の人の歯を失う最大の原因は、実は虫歯ではなく歯周病であることをご存知でしょうか?
歯周病は、自覚症状が少ないまま進行してしまう特徴から、「沈黙の病気=Silent disease」とも呼ばれています。

近年では、自覚症状のないものを含めると、日本の成人の80%以上の人が歯肉に何かしらの問題を抱えているとされています。
歯周病は成人に多く発症する病気ですが、最近では小中学生にも見られます。

全身の健康に影響を及ぼす歯周病

歯周病は口腔内だけでなく、全身のさまざまな疾患や症状と関連があることが報告されています。
大切な歯を残すために、そして全身の健康のためにも、歯周病の早期治療と日頃の適切な予防ケアをおすすめしています。

 

歯周病の分類と治療法について

  1. 歯肉炎

    歯茎のみに炎症を引き起こしている状態です。
    痛みなどの自覚症状はほとんどありませんが、歯磨きの時や硬いものを食べた時に出血しやすくなる場合があります。

    歯肉炎
  2.  
    治療法

    歯のクリーニングでキレイな状態にして、歯磨きなど適切なセルフケアの仕方について丁寧に
    指導をさせていただきます。

     
  3. 軽度歯周炎

    歯を支えている骨(歯槽骨)が溶け出した状態です。
    歯磨きの時に出血したり、歯がうずく、歯茎が腫れぼったく感じるなどの症状があらわれます。
    一般的な初期段階では、まだ無症状なことがほとんどです。

    軽度歯周炎
  4.  
    治療法

    専門の器具(スケーラー)を用いて、歯の表面や根の周りに付着した
    プラークや歯石をキレイに取り除きます。

     
  5. 中等度歯周炎

    歯を支えている歯槽骨が1/3~2/3程度溶けた状態です。
    水がしみるようになったり、歯磨きをすると歯茎から出血したり、歯茎が腫れたり治ったりの症状を繰り返します。

    歯が動揺(グラグラする状態)しはじめ、膿が出たり口臭が強くなるケースもあります。

    中等度歯周炎
  6.  
    治療法

    痛みに十分に配慮をしながら虫歯の部分をキレイに除去し、
    インレー(詰め物)で補います。部分的な型取りが必要になります。

     
  7. 重度歯周炎

    歯を支えている歯槽骨が2/3以上溶けた状態です。
    歯の周りを指で押すと白い膿がにじみ出て、口臭が強くなる場合があります。

    歯が動揺して硬いものが噛みにくくなり、歯磨きの際には頻繁に出血するようになることもあります。
    放置してしまうと、歯が自然に抜け落ちるケースもあります。

    重度歯周炎
  8.  
    治療法

    プラークや歯石の除去後、外科的な治療を行います。
    状態が改善しない場合には、抜歯となるケースもあります。こうした状態になる前に、
    気になった時になるべく早めに検診を受けるようおすすめしております。

     

<歯周外科治療(重度歯周病治療)
について>

麻酔

歯周病の症状が進行してしまうと、歯周ポケットの深い部分にまで歯石が溜まり、通常の治療では除去することができない場合があります。

こうしたケースでは、麻酔を行なってから、深い部分の根の表面を滑らかにすることで汚れを付着しにくい状態にし、さらに炎症性の組織を取り除くことで状態の回復を図ります。
必要に応じて、歯肉を支える骨を増やす薬(保険適用外)を用いる場合もあります。